九星気学で占える内容と鑑定の注意点について

九星気学(きゅうせいきがく)は中国で発祥し、日本に伝来した東洋占星術です。とても有名なので、どんな占術か分からくても、名前は聞いたことがあるかもしれませんね。

電話占いの占い師さんの中でも、九星気学を利用する先生はたくさんいます。

九星気学はどんな占いなのか、占える内容や、鑑定を受ける際の注意点などをまとめました。

九星気学ってどんな占い?

九星気学は、生まれた日をもとに、運勢やパーソナリティを占う鑑定方法です。九星気学の鑑定で基礎となる用語を簡単に解説します。

九星(本命星)とは?

九星気学の鑑定を受ける時には、まず自分の本命星を知るところから始まります。

本命星とは、生まれた年によって9つに分類されます。

生まれ年による本命星の簡易表

スマホの方は、左右にスクロールが出来ます。

一白水星 二黒土星 三碧木星 四緑木星 五黄土星 六白水星 七赤金星 八白土星 九紫火星
1954年 1953年 1952年 1951年 1950年 1949年 1948年 1947年 1946年
1963年 1962年 1961年 1960年 1959年 1958年 1957年 1956年 1955年
1972年 1971年 1970年 1969年 1968年 1967年 1966年 1965年 1964年
1981年 1980年 1979年 1978年 1977年 1976年 1975年 1974年 1973年
1990年 1989年 1988年 1987年 1986年 1985年 1984年 1983年 1982年
1999年 1998年 1997年 1996年 1995年 1994年 1993年 1992年 1991年
2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年
2026年 2025年 2024年 2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 2018年

こちらの本命星によって、あなたがどのような性格に分類されるかが分かります。

例えば、一白水星の人はクールで忍耐強い性格。二黒土星の方は真面目でコツコツ型。などといった傾向があると言われています。

また、本命星を使って相性を調べることも可能です。

勿論、傾向なので個人差はありますが、本命星を調べる時は、シンプルに生まれた年からすぐに割り出すことができるのが利点となっております。

干支と五行説について

九星気学は、上記の本命星のほかに、生まれた月によって定まる「月命星」も利用します。

本命星と月命星に、生年月日から割り出される干支、火・水・土・木・金から成る五行説とを組み合わせることで、吉凶を占えるのが九星気学です。

九星気学で具体的に何が占えるの?

九星気学は吉凶を占う占術ですが、それを正しく活用することで様々なことを占うことが出来ます。具体的にどんな占いが可能なのか、見ていきましょう。

パーソナリティについて

九星気学では、あなたの性格や相性の良い本命星を持つ相手を占うことが出来ます。

自分自身のことを深く知りたい。自分の個性や人柄について視て欲しいといった、パーソナリティの鑑定にとても適した占術です。

また、相性の良い本命星を持つ相手を導き出すこともできるので、恋愛や仕事などの人間関係において、あなたと相性の良い人を知りたいときにも九星気学は役立ちます。

運勢について

九星気学の鑑定では、運勢について的確に占うことも出来ます。

九星気学では、生まれた年から本命星を割り出した後、あなたの凶殺方位についても占うことができます。

具体的には、今年の運勢を占う際、どの方位に引っ越しをしたら凶運を引き寄せてしまうのか。といったことも九星気学では占うことができるのです。

引っ越しだけに限らず、旅行やデート、買い物など、少し遠出をするときに運勢が低迷してしまうのが凶殺方位です。

これは、運勢や相性に影響を及ぼすものですので、電話占いで鑑定を受ける際は、注意して聴くようにしましょう。

恋愛の相性について

九星占術は、恋愛の相性占いにも利用できます。

簡単な相性占いで良ければ、本命星だけでも出来るので、自分の生まれた年と、相手の生まれた年が分かれば、相性の傾向を掴むことが出来ます。

例えば、一白水星の方が好意を感じ守りたくなるお相手は、三碧木星の方や四緑木星の方。対して、反発したくなる相手は、九紫火星の方など、根本的な相性を知ることが可能です。

とはいえ、本命星だけの鑑定は、もちろん超簡易的なものなので、本格的な相性を鑑定するなら、さらに五行などを組み合わせて行う必要があるため、占い師さんに視てもらわないとなりません。

九星気学の注意点は?

九星気学は、根拠がしっかりしていて、比較的シンプルな占いですが、気を付けなくてはならないこともあります。

電話占いで、九星気学の鑑定を受ける際に注意すべきことを見ていきましょう。

九星気学で相性の悪い相手を好きになってしまった場合

九星気学で視たときに、現在のパートナーや片思いの相手と、相性が悪いと鑑定されてしまうこともあるでしょう。

落ち込んでしまいたくもなりますが、相性が悪いという鑑定を受けてしまっても、そこまで落胆する必要はありません。

生まれた年の相性が悪くても、生まれた月や日によって性格の傾向も変わります。また、性格の傾向が分かることで、相性の悪さを補える方法も見つかるでしょう。

九星気学で、相性が悪いと判断されてしまったときは、その相性の悪さを克服するための打開策を占い師に聴いてみると良いですね。

過度に恐ろしい展望を語る占い師には注意が必要

これは、どの種類の占いにも言えることですが、悪質な占い師の場合、過度に恐ろしい展望をあなたに伝え、鑑定を必要以上に引き伸ばしたり、高額な物品を交わせたりすることがあります。

少しでも、占いを受けている時に、おかしさを感じた場合は、一旦鑑定を中断してみましょう。一度落ち着いたうえで、悪質な占い師かどうか判断することが大切です。

まとめ

九星気学は、東洋占術のなかでもメジャーな占いで、歴史も長く、統計学の一面も持つ占術です。

あなたの生まれた日をもとに、パーソナリティや相性占い、運勢や吉凶方位などを鑑定することが出来ます。

占い方法としては、非常にシンプルで分かりやすいのですが、とても奥が深いものです。電話占いで、九星気学の的確な鑑定を望むなら、やはりそれに精通した占い師さんを選ぶようにしましょう。